伝説ロマン溢れる津保谷(TSUBODANI)のブログ

岐阜県に流れる長良川支流の津保川上流域に位置する歴史と文化の彩りが色濃く残る地 関市「津保谷」の魅力に迫ります。

平成フィーバーとは何だったのか?元号と同字の地【武儀町】を追う!

いらっしゃいませ!地域おこしライターえさゆうです♪

地域おこしライターえさゆう

天皇陛下生前退位により、元号平成も2019年4月末までとなりました。平成元号により、もっとも盛り上がった地は、岐阜県武儀町(現関市)と言えるかも知れません。

 

平成の幕開けは、武儀町(現関市)から!

関市武儀町平成案内板

武儀町は、読み方は違っても、全国で唯一元号と同じ地名が存在したことにより、一躍脚光を浴びました。

 

「すんげぇ騒ぎやったわ」

「そりゃあ、びっくらこいた」

 

ときは、昭和64年1月7日、午後2時35分。

当時の官房長官小渕恵三氏が「平成」と記された一枚の色紙を掲げた瞬間、岐阜県武儀町平成地区(現関市)は、日本で一番注目されるまちになりました。

 

「平成とは、どんな場所であるのか見ておきたい・・・」

 

当時地区住民37人の小さな山里に、マスコミと観光客が大挙して押し寄せました。

関市武儀町平成朝市

多い日では、1,000台の車が列を作り、交通整理や駐車場の確保に大忙し。

 

平成に来た記念にと、急遽開発されたテレホンカード、平成林道プレート、平成しいたけクッキーなど、

平成テレホンカード

平成林道プレート

平成しいたけクッキー

平成と書かれたグッズは飛ぶように売れました。

 

この平成フィーバーをきっかけとして、武儀町の未来も新しい考え方で構築しなければという気運が盛り上がり、

関市武儀町平成山

「地球でいちばん素敵ないなかまち」をキャッチフレーズに、人と自然の共生を追求。エコーとユートピアの合成語「エコピア構想」を打ち出し、手作りの村づくりを目指しました。

 

平成元年には、八滝ウッディランドが開園。

※以下2018年現在の写真を掲載していきます。

八滝ウッディランド

 

平成3年には、村おこしの一環として日本平成村を立村(武儀町日本平成村を宣言し、理想郷を築きあげようと決意)。

関市武儀町元号橋

平成地区に元号が竣工。

 

花街道センター道の駅平成

平成6年には、花街道センター(現道の駅平成)が完成。

 

関市武儀町平成自然公園

平成7年には、平成自然公園(モニュメントの森)が完成。

 

その後も、武儀町生涯学習センター(現関市武儀生涯学習センター)や、

関市武儀生涯学習センター

関市武儀町水晶山の人口重心地

人口重心(平成12年)の遊歩道やモニュメントなどを整備。

武儀町は、「何も無かったまち」から「人と自然が共に生きるまち」へと生まれ変わりました。

 

しかし、平成17年に武儀町は閉町。

 

関市に編入した武儀町

市町村合併により、岐阜県関市に編入されました。旧武儀町は、V字型の地形をした関市の東ウイング中ほどにあります。

 

そして、2018年5月1日。改元まで残り1年となった日に、「ありがとう!平成時代」と銘打った感謝イベントが道の駅平成で開かれました。

道の駅平成の平成感謝イベント

サンクスボード除幕式や、武儀オリジナルキャラクター発表&表彰式、地元保育園児のダンスショーなど、平日開催にも関わらず、各報道メディアや500人を超えるお客様が詰めかけました!

開催レポートはこちら

www.tubodani-blog.net

 

元号へバトンを渡すため、旧武儀町内の事業所が一丸となって「ありがとう!平成時代実行委員会」を結成。元号平成から受けた恩恵に感謝しつつ、イベント企画・商品開発などが進められています!

 

ありがとう!平成時代。

 

これからも平成(武儀町)に大注目ですね!

※今後のイベントや商品開発情報などは、ありがとう!平成時代公式HPをチェックしてください♪随時更新予定です!

 

ではでは~♪

 

 

ありがとう!平成時代実行委員会 問い合わせ先

 関市武儀事務所 TEL:0575-49-2121

 NPO法人日本平成村 TEL:0575-49-2855

 公式HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/arigatou-heiseijidai